阪急5100系|編成別写真集 -FUKUJU TRAIN NET-

5100系

5100系は、冷房試作車5200系での経験をもとに1971年から建造された阪急初の量産冷房車である。これまで神宝京各線の性格に応じ形式を分けていたが、冷房車を各線均一に配置するべく建造時から神宝京3線での使用を念頭に置いて設計された点が特徴である。

 

【車体・主要機器】

 外観は従来車並みの3扉・ロングシート車であるが、5200系に比べ屋根高さを下げる一方肩部を高くしたため扁平な屋根となった。
 主要機器は抵抗制御・発電ブレーキ装備という点こそ従来と同じだが、歯車比を神戸線の車両と同じにしつつ定格速度を低くし、弱め界磁をフル活用することで比較的低速な宝塚線と高速運転を行う神戸線・京都線の性格の違いに対応した。床下機器の配置はこれまで神宝線と京都線で異なっていたが、不燃化対策上有利な京都線方式で統一することとなった。台車・ブレーキ装置などは5200系と同じである。冷房装置は5200系同様8,000kcal×4基、パンタグラフは冷房装置の搭載で屋根上のスペースが不足するため下枠交差式を採用した。1972年建造の5132からは集電性能を向上させるためにパンタグラフを2基搭載としている。
 編成は制御装置とパンタグラフを載せたMc、電動発電機と電動空気圧縮機を搭載したM'c、付随車(一部に電動発電機を搭載)を組み合わせ2〜4連とし、それを複数繋げて最大10連の実績がある。

 

【車番について】

 本形式は当初は「6000系」で計画されていたが、地下鉄堺筋線の60系との重複が問題となったため空番であった「5100」が付番された。百位「1」は従来宝塚線用で本形式は例外であったが、その後の変遷で全車が宝塚線に集結していた時期もある。Mcを奇数・M'cを偶数とする阪急では珍しい付番で、当初は4連が十位「0」、3連が同「2」、2連が同「4」として建造を始めたが、番号に余裕が無くなった1973年建造車はこの法則から外れている。また付随車も電動発電機付きを偶数、無しを奇数としたため欠番が生じている。

 

【増備と変遷】

 当初宝塚線には7連1編成と8連2編成、神戸線には6連2編成、京都線には7連2編成と5連1編成配置されたが、翌年に5300系が登場した為京都線から撤退した。その後転属が頻繁に行われ、1982年の宝塚線10連運転に5100系が使用されることとなった辺りから神戸線に配置された車両も宝塚線へ転属するようになり、1990年頃には全車が宝塚線に集結した。また1986年から1993年にかけて表示幕設置工事が行われている。

 暫くそのまま推移していたが、10連運用は2001年までに消滅し、余剰となった編成を組み合わせて今津線に6連1本が転属した。また2000年から開始された5000系リニューアル工事に伴い一部の付随車が2000系列の付随車に代わって挿入されている為、5100系は90両あったものが73両にまで減少した。本形式内では電動車の比率が上がってしまっており、4両が電装解除・付随車化されている。

大規模工事は5128Fと5146Fの2本が施工済みとなっている。2009年に更に1本が実施される予定だったが、結局実施されていない。

 2014年度に編成から外れていた3両が廃車となり、続いて2014年度・2015年度には宝塚線の8連3編成が運用を離脱し能勢電鉄に譲渡された。能勢電鉄に譲渡された編成は4連5編成・2連2編成として元車番のまま運用されている。

 

 2016年からは宝塚線の1編成が分割の上箕面線用とされたほか、2019年には元々伊丹線の予備車でもあった今津線の編成(後ろ4両)が伊丹線用とされたため、現在は8連4編成が宝塚線で、4連2編成が箕面線で、同1編成が伊丹線で運用されている。

 

8両編成(宝塚線)

5100[C#5100×4]+[C#5114×4]

5100F

5104[C#5104×4]+[C#5110×2]+[C#5126×2]

5104F

5106[C#5106×4]+[C#5116×2]+[C#5122×2]

5106F

5108
[C#5108×4]+[C#5142×2]+[C#5124×2]
2015年度に廃車(能勢電鉄に譲渡)

 5108F 

5128[C#5128×4]+[C#5140×4] 大規模工事施工車

5128F

5132
[C#5132×4]+[C#5134×4]
2016年から箕面線で運用

5132F

5136s
[C#5136×4]+[C#5138×4]
2014年度に廃車(能勢電鉄に譲渡)

 5136F 

5146
[C#5146×4]+[C#5148×4] 大規模工事施工車
2015年度に廃車(能勢電鉄に譲渡)

 5146F 

4両編成(箕面線)

5132_4cars

5132F

5134

5134F

伊丹線用(4連1本)

5118
▲C#5118×4 ▼C#5102×6(今津線)時代5102
[C#5102×2]+[C#5118×4]、後4両は元々伊丹線予備車
2019年以降[C#5118×4]のみ稼働中

5118F

 

編成別写真集>阪急にもどる

inserted by FC2 system