1380系

写真: 1384

1380系は、2003年に1030・1230系(1134F)の一般車部分だけを改造の上単独編成にした一般用車両である。同編成は2002年9月下旬、名古屋 本線奥田駅付近で自動車と衝突、特別車2両は大破し廃車となった。一方一般車側は比較的損傷が少なかったため、従来の3号車に運転台を設置して4連の一般車として復旧した。

車体と車内は1200系をベースとした3扉・クロスシートであるが、車体塗装は従来の白地に赤帯から赤一色に変更された。元中間車である豊橋方先頭車モ 1384は、日本車両で前頭部鋼体を作り接合した。元の台枠を生かして改造したため、運転台が設置された側の車端は他の先頭部より長く乗務員室後ろの座席 は3人掛けロングシートとなっている。機器類もそのまま再利用しており、種車が7500系改造の1230系のため全電動車である。なお4連化すると電動空気圧縮機が容量不足になるため追加で設置しているが、これは豊橋鉄道に譲渡されたのち廃車となった7300系の物である。

登場時から固定運用が組まれており、主に犬山線と本線東部区間で使用される。SR車各系列とも連結できるが、基本的には単独で運用される。流用品を使用する機器類の老朽化などにより、2015年夏に廃車となった。

形式写真(海側)

モ1384

モ1334

1384_1384

1384_1334

モ1584

モ1534

1384_1584

1384_1534

編成表 (←豊橋 岐阜→)

モ1384 - モ1334 - モ1584 - モ1534

車両の動き(組み換え/ラッピングなど)

1993年8月

竣工

2002年9月

踏切事故で脱線大破 特別車部分(モ1134-モ1184)は同月末付で廃車

2003年9月

塗装変更・モ1384に運転台設置などの改造を実施

2008年12月

栄生で脱線

2015年9月

廃車

編成別写真集>名鉄 に戻る

inserted by FC2 system