名鉄1700・2300系|編成別写真集

1700・2300系

1700・2300系電車は、2008年に登場した一部特別車の特急用車両である。2200系と同じく豊橋方2両が特別車、残りの4両が一般車であるが、特別車側と一般車側では製造時期が異なっている。

 特別車側は1700系と呼ばれている。元々1999年にデビューした1600系であるが、全ての特急を一部特別車とする方針転換に伴い豊橋方先頭車を廃車、残った2両を方向転換した。外観では塗り分けの変更に伴いイメージが大幅に変更したが、それ以外の部分にはほとんど手を加えていない。車内でも一部座席の撤去と自動販売機の撤去を行い、座席を撤去した場所に荷物置き場を追加した程度である。座席や情報案内装置にも手を加えていないので、車内は暖色系で情報案内装置もLEDのままである。なお前面の種別・行先表示器は当初1600系と同様の幕によるものだったが、登場から半年以内に全車が2300系側と同じLEDによるものに交換されている。
 一般車側は名鉄の発表では「2300系」と称しているが、これは2200系の一般車側4両とほぼ同等で30番台に区分されている。基本的に2200系2次車の一般車と同じで、外観の相違は行先表示機のLED化と前面の貫通扉風の部分にある窓の変更、車内では優先席の拡大と床の柄の変更などが行われた程度である。

 制御装置は何れもIGBT-VVVFだが、1700系は3レベルVVVF、2300系はベクトル制御の2レベルVVVFである。また1700系側は2200系と加速度を合わせるため2.0km/h/sから2.3km/h/sとしている。乗務員用のモニタ装置も1700系側と2300系側で異なるが、どちらかに合わせることはせずに読み替え装置を設けて対応している。台車は全車ほぼ同一の仕様だが、2300系側のサ2430では1600系の廃車発生品を小改造の上転用している。

4編成が在籍しており、2200系と共通運用を組んで各路線の特急・快特として活躍している。なお2015年からは塗装を2200系3次車に似せたものに変更しているが、モ1700の前面については1600系時代を彷彿とさせる塗装とされている。

1701F
1701N2331N
1702F
1702N2332N
1703F
1703N2333N
1704F
1704N2334N

編成別写真集>名鉄に戻る

車内紹介

特別車の車内はこちらへ。
一般車の車内はこちらへ。

inserted by FC2 system