名鉄6500系|編成別写真集

6500系

 6500系は、1984年に登場した通勤車である。4両編成の6000系の後継形式という位置づけで、旅客サービスの向上と省エネルギー化の推進を図っている。なお形式が6500系とされたのは、7500系同様に回生制動を使用できるためとされ、6000~6300を使う6000系と6600・6700を使った6600系の間に押し込む格好となったため豊橋方が6400番台ながら6500系を名乗ることとなった。

 車体は6000系と同じく鋼製であるが、前面は100系近似の装飾を施した非貫通、側面は3扉だが先頭車と中間車で異なっていた扉位置を統一したため6000系(8次車まで)とは配置が異なる。なお扉は3扉車であることを示すため上半分を灰色に塗っていた。車内では6000系で不評だった固定クロスシートを大型化、肘掛が付いたほかシートピッチも拡大された。また側面配置の変更で座席配置にも変化が生じ、扉間はクロスシート3脚と3人掛けロングシート、車端部は5人掛けロングシートとなった。妻面などには国鉄117系を意識したのか木目調が用いられている。なお車内の詳細はこちらを参照願いたい。
 主要機器は制御装置が1C8Mの界磁チョッパ式、主電動機は複巻電動機、制動方式は電磁直通ブレーキ(HSC-R)で、回生制動を使用可能だが閑散線区で使用できない場合は発電制動に切り替わる。最高速度は6000系が100km/hまでしか出せなかったのに対し、110km/h対応としてSR車並みとした。補助電源装置には名鉄初のGTOインバーターを採用している。編成は←豊橋ク6400[Tc1]-モ6450[M2]-モ6550[M1]-ク6500[Tc2]で、パンタグラフは電動車2両に、補機類はク6400とモ6550に搭載している。台車は6000系をベースとしているが、電動車は別形式となった。冷房装置は6000系中期車と同様に1両に2基搭載でロスナイを設置していたが、5次車以降は1両3基搭載に戻している。
 1987年の5次車までは上述の通りの仕様で登場したが、この間1985年の2次車では標識灯がLED式に変更、4次車では側面に方向幕を設置、5次車では乗務員室直後の2人掛け席部分に小窓が設置されたほか前述の通り冷房を1両3基搭載に戻している。1989年の6次車からはスタイルを一新、前面は曲面ガラスを用いて天地寸法も大型化、側面は配置こそ同一であるが一部窓を下降窓としたほか、各窓間の柱を細くし黒く塗って連続窓風の仕上げとした。車内はクロスシートを更に大型化したほか、ロングシートの袖仕切は5700系並みとなった(詳細はこちら)。1992年の8次車では車内をオールロングシート化している(詳細はこちら)。

 登場から30年を経過した形式にしては改造が少ないが、1995年から翌年にかけ1次車~5次車の5編成がロングシート化されたほか、21世紀に入ってから扉の灰色塗装の取り止め、1次車の標識灯の交換(3300系の廃車発生品を流用)、冷房2基搭載車の冷房交換による能力向上などが行われている。また2011年には1次車1編成に化粧板・床敷物の張り替え、吊革の交換、扉開閉チャイムの設置などの特別整備を施工した。

 当初は100km/hまでしか出せない6000系とは運用が区別されていたようだが、後に共通化。現在は本線や亜幹線の急行系・普通を中心に、専用車両が用意されていない路線の多くで6000系のワンマン運転に対応しない4連と共通運用されている。

1次車(1984年製造)

6401

6401F

6402

6402F

6403

6403F

6504
ロングシート化改造車(1995年)・特別整備施工(2011年)

6404F

2次車(1985年製造)

6405

6405F

6406

6406F

6407

6407F

6408

6408F

3次車(1986年製造)

6409

6409F

6410
ロングシート化改造車(1995年)

6410F

6411

6411F

6412

6412F

6413ロングシート化改造車(1995年)

6413F

4次車(1987年製造)

6414

6414F

6415

6415F

5次車(1987年製造)

6416ロングシート化改造車(1995年)

6416F

6417ロングシート化改造車(1996年)

6417F

6次車(1989年製造)

6418

6418F

6419

6419F

6420

6420F

7次車(1990年製造)

6421

6421F

6422

6422F

8次車(1992年製造)

6423

6423F

6424

6424F

編成別写真集>名古屋鉄道に戻る

inserted by FC2 system