3300系

 3300系は、1967年に登場した京都線用の通勤車である。大阪市営地下鉄堺筋線との相互直通運転に対応する形式として、短期間に大量投入されている。

 

【車体・車内】

 2000系以降の標準車体をベースにしているが、寸法は大阪市の要求に合わせ車体幅を100mm拡大、車体長を100mm縮小している。前面左上(車掌台部)には手動の行先幕が設置され、主に堺筋線に係る列車で使用された(阪急線内のみの列車では標識板使用)。車内は2300系の途中から実施された戸袋部の座席廃止(座席短縮)を行っているが、座席形状は従来通りとしている。

 1979年、後述の編成替えに際して付随車が不足したため3950形として6両を製造。車体は5300系相当だが、堺筋線に入る関係で非冷房としたため屋根上にファンデリアを搭載している。

【主要機器】

 地下鉄線内での救援などを考慮して、編成中3分の2が電動車となるよう定められた。このため電動車比率を高く取る一方、主電動機1個当たりの出力は従来より低め。複巻電動機を用いて回生制動を常用していた2300系とは異なり、直巻電動機を使用し発電制動を用いる神宝線3000系と同様の思想である。

【改造】

 1981年から冷房設置工事が行われ、同時に通過標識灯と尾灯の位置を変更、行先幕は種別と行先を両側にそれぞれに設置するなどの工事が行われた。併せて中間に入っており今後も使用の見込みのない先頭車の中間車化を実施、乗務員室部分は仕切を残し立席スペースとなっている。冷房化が遅れたのは堺筋線内での冷房使用に消極的だった大阪市側の意向によるものであったが、阪急全体でも冷房化は終盤に差し掛かった頃の開始であるため当時の新車7300系に相当する設備とされている。

 製造から35年が経過した2003年、8両編成に対して大規模工事を実施している。内容は他形式と同じく扉窓を拡大、標識灯HID化、冷房取換(室外機カバーも変更)、座席袖仕切設置、情報案内装置の設置、ドアチャイムの設置などである。神戸線5000系のリニューアルでは中間車化改造された先頭車を完全に中間車化(仕切を撤去し通常の客室化)する工事が行われたが、3300系では実施されていない。3305F・3323F・3328F・3329F・3331Fの5編成に施工された。

【運用】
 登場時点では堺筋線直通に関する詳細が未定であり、4連+3連の7両編成で登場し急行などで使用されていた。その後堺筋線直通は5連と決定したため編成替え、また途中駅での増解結案が浮上したため製造途上で京都方の制御電動車3400形も登場した。1969年までに120両が製造され、1970年の大阪万博開催時には「EXPO準急」として堺筋線60系と運用された。1979年から堺筋線直通列車の6連化が、更に1989年からは堺筋線8連化に伴い一部編成が8連とされ、再び本線急行でも活躍。

 2003年から9300系の増備に伴って2300系が廃車されるようになり、その補填として3300系が7連に変更されるようになった。製造から40年以上が経過しても全車健在であったが、2014年ごろから新1300系投入と2300系廃車による本形式8連の7連化が進行、余った車両は廃車された。また2016年以降は京都線最古参となった3300系が廃車対象となっており、3320Fが編成単位で初めて廃車された。今後も新車投入に伴い廃車が進行するものと思われる。

8連(大規模工事施工車)
3331F以外は画像クリックで1両ごとの写真をご覧いただけます

3305

3305F

3323

3323F

3328

3328F

3329

3329F

3331

3331F

7連
画像クリックで1両ごとの写真をご覧いただけます

3309_7cars

3309F

3311

3311F

3314

3314F

3318

3318F

3324_7car

3324F

3325

3325F

3327_7cars

3327F

3330_7car

3330F

編成単位の廃車
いずれも8連で廃車

33152017年度に廃車

 3315F 

3320
2016年度に廃車

 3320F 

3326
2016年度に廃車

 3326F 

編成別写真集>阪急にもどる

inserted by FC2 system