阪急7300系|編成別写真集

7300系

7300系は1982年に登場した京都線用の車両である。神宝線6000系に相当する形式が無かったため、京都線の3扉・ロングシート車としては1972年の5300系以来10年ぶりの新形式である。

車体は1981年度製の6連2編成のみ鋼製、その後の車両は(鋼製車体編成の増結付随車も含め)アルミ製とした。車体寸法は従来の京都線各形式に比べ幅が20mm狭い2780mm、車体長は連結面間寸法を短縮することで阪急標準の19,000mmに戻っているが、これは京都線のみならず車両限界拡大後の神宝線、更には直通先の山陽電鉄なども見据えたものである。
1985年度車からは乗務員室直後2人掛け席部への小窓設置や座席端の袖仕切形状変更を行っている。8300系登場後の1989年にも建造された編成は同系に準じた内装となっており、本形式では唯一パワーウインドウを装備している。

足回りは7000系と同様に界磁チョッパ制御と複巻電動機の組み合わせとしている。制御装置は1C8Mが基本で、1985年に登場した増結用2連は1C4Mながら将来制御車を電装して1C8Mにすることも想定している。ブレーキは電気指令式で、2300・2800系以来となる回生制動を常用する。当初編成中の電動車を分散させていたが、1988年度からは編成の両端に集約することとなり既存車も後に組み替えて対応している。
1986年建造の7310Fのうち、梅田方先頭車のC#7310はVVVFインバーター制御の長期試験車として登場している。3M5T編成を想定し主電動機出力は180kW(本形式の複巻電動機は150kW)、本来ユニットを組む次位の車両は試験終了後に電装することも視野に入れた付随車のC#7990として建造されている。なお同車は結局リニューアル工事まで制御装置を変更することなく運用された。

 1989年までに8連6編成、7連1編成、6連2編成、2連8編成の計83両が建造された。登場後の変化として目立つものは1993年から翌年にかけ乗務員室直後の小窓が無い編成に対し追設したこと、1998年頃から2002年にかけ屋根肩部のアイボリー塗装化が行われたことなどである。
 初期車の建造から25年程度が経過した2008年からはリニューアル工事が開始された。最初に改造されたのは7320Fで、外観では前面スタイルの変更や種別・行先表示のLED化、内装では扉間座席の中仕切採用や液晶式情報案内装置設置など神宝線9000系に準じた設備とされた。7000系も同メニューで2編成が改造されたものの本形式は1編成のみに留まり、リニューアルが再開されたのは2014年である。この際改造メニューも変更されており、外装は前面貫通扉の窓拡大や車番位置変更などに留まる一方、同年登場の新1300系に倣って制御装置と主電動機の更新や車内情報案内装置の1画面化などが行われている。2015年度までに8連5編成が施工され、8両固定編成は全車がリニューアル車となった。2018年には2連+6連の編成へのリニューアルが開始されたが、同時に編成中の先頭車を中間車化し8両固定編成とした。
 
 7連は2007年のダイヤ改正に伴い消滅しており、また前述の通り2連+6連の編成が8両固定に改造されたため、現在は8連7編成と6連2編成、2連7編成と休車1両が在籍する。6連は基本的に2連と組んで8両編成で運用されるが、春秋行楽期には嵐山線直通列車に単独で充当される。2連は朝ラッシュ用の増結用に3編成、残りは前述の6連と組んで8両編成として運用されるが、内2編成は8300系と併結して使用される。8連は堺筋線直通運用や朝ラッシュ時の10両快速急行運転にも充当されるほか、115km/h運転に対応しているため2010年のダイヤ改正後も引き続き特急運用に入ることが可能である。

8両固定編成

7320N

7320F

7322_renew

7322F

7303
↑リニューアル後 ↓原型
7303

7303F

7304N

7304F

7305_renew

7305F

7306N
▲リニューアル後(2015年~)
7306

7306F

7324N

7324F

6両編成

7321通常は大阪方にC#7323×2を併結し8連で運用

7321F

7307
通常は大阪方にC#7327×2を併結し8連で運用

7307F

2連

7300

7300F

7301

7301F

7302

7302F

7323

通常は京都方にC#7321×6を併結し8連で運用

7323F

7325通常は京都方にC#8311×6を併結し8連で運用

7325F

7326通常は京都方にC#8304×6を併結し8連で運用

7326F

7327
通常は京都方にC#7307×6を併結し8連で運用

7327F

→神宝線向け7000系を見る

編成別写真集>阪急にもどる

inserted by FC2 system